子どもがネット上でトラブルに巻き込まれないための12のアドバイス

ペアレンタルコントロール

インターネットとは インターネットは開かれたリソースであり、賢い子供は現代の装飾品からポルノまであらゆるものにアクセスできます。 現代の装飾品からポルノまで、あらゆるものにアクセスできるオープンリソースであり、親の監視は困難です。それと同時に 同時に、インターネットは、子供たちが興味深いトピックを探求したり 興味深いトピックを探求し、新しい友達を作り、興味深いスキルを学ぶことができる素晴らしいリソースです。

子供の保護者として 子供たちの保護者として、子供たちがインターネットの暗黒面で苦しむことがないように インターネットの暗黒面のせいで苦しむことがないようにしたいものです。子供たちはインターネットで面白いコンテンツや漫画を探しますが インターネットで面白いコンテンツや漫画を探すことがありますが、残念なことに、間違ったタイプの人を引き寄せてしまうことがあります。 しまうことがあります。それは、子供にとって危険なサイバー犯罪者やウイルス、ハッカーなどです。 子供たちにとって危険な存在です。親が子供を守る目的は、親の個人的な信念と成熟度によって決まります。 親が子供を守る目的は、親の個人的な信念と子供の成熟度によって決まります。

お子さんが良い活動に参加できるように 活動に参加させる。飽きたら最低限の自由時間を持たせるべきです。一日中何もしない子供は 一日中何もすることがない子供たちは、簡単にクレイジーで愚かな娯楽のアイデアに巻き込まれます。 娯楽に夢中になります。親が困ってしまうのはその時です。子供たちとのコミュニケーションは、常にオープンであるように 子供たちとのコミュニケーションを大切にしましょう。自分が信頼されていることがわかれば、子供たちは自分の問題を解決するためにあなたに協力してくれるでしょう。 自分が信頼されていることがわかれば、問題を隠して悪化させようとするのではなく、喜んで問題解決の手助けをしてくれるでしょう。 隠そうとして問題を悪化させるよりも、信頼されているとわかれば、問題解決の手助けをさせてくれるでしょう。

もしあなたが お子さんのことが心配で、オンラインでの安全を確保したいとお考えの方のために 12のヒントをご紹介します。これらのヒントは、あなたのお子さんが インターネットに潜む危険を回避することができます。

インターネットの時間を家族の時間に

スクリーンの前で過ごす時間は スクリーンの前で過ごす時間は、必ずしも彼らの一人の時間ではないはずです。子どもたちがインターネットを使っているときは、一緒に見て、遊んで、交流しましょう。 お子さんがインターネットを使っているときは、一緒に見て、遊んで、交流しましょう。 社会的な交流、つながり、学習を促進します。時間をかけて、ゲームをしたり ゲームをしたり、本を読んであげたりしましょう。を証明するのに良い方法です。 ゲームのエチケットやフィットネスを証明することができます。子供の頃の面白い話を共有しましょう。 マインドゲームをしたり、学校での経験を聞いたりしてみましょう。彼らの人生の重要な一部となり 相手の人生の重要な一部となり、自分が仕事に集中できるようにスマートデバイスを渡すだけではいけません。 仕事に集中できるようにするために、スマートデバイスを渡すのではありません。子供たちに必要なのは、あなたの注意であって、スマホで遊ぶことではありません。あなたは 子供の興味を知ることができ、子供の年齢に合ったウェブサイトを紹介することができます。 その年齢に合ったウェブサイトを紹介することができます。

境界線の設定

考える 子供たちにとって意味のあることを考える。インターネットを利用する時間を制限したり インターネットを利用する時間を制限したり、閲覧できるサイトの種類を制限したりすることができます。なぜそのような制限をしたのか、その理由をきちんと説明して 子供たちには、なぜそのような制限を設けたのか、その理由をきちんと説明し、それによって得られるメリットを理解してもらいましょう。 それによって得られるメリットを理解できるようにします。ルールを書いて、それに従ったらご褒美をあげるのもいいでしょう。 ご褒美をあげることもできます。あなたは、子どもたちと一緒にルールを守ることで、模範を示すことができます。 お手本となることができます。ルールを破ったときには、事前に結果を決めて、一貫性のある正当な ルールを破ったときには、一貫した結果を出すようにしましょう。あなたの子供が成長したとき このルールを再考したいと思うでしょう。

フェイス・トゥ・フェイスのコミュニケーションの価値を知る

親は、顔を見て話すことの大切さを 顔を見て話すことの大切さを知ってほしい。手遅れになる前に、インターネットの長所と短所について 手遅れになる前に。マルウェアや危険なサイト、作者について警告してください。 あなたが子供たちを大切に思っていることを伝え、正直に話し、彼らが言いたいことに耳を傾けてください。 ることを伝えましょう。双方向のコミュニケーションは、ティーンエイジャーや若者に教えるための最良の方法です。 若者に教えるには、双方向のコミュニケーションが一番です。双方向の会話に参加することは、言語の発達に不可欠です。 発達につながります。研究によると、受動的な聞き取りや一方的な対話よりも、対面式のコミュニケーションの方が 研究によると、受動的なリスニングやスクリーンを使った一方的な対話よりも よりも、フェイス・トゥ・フェイスのコミュニケーションの方が言語能力を高めるという研究結果があります。

知らない人に声をかけないように子供に言い聞かせる 

ネット上の変な人は友達ではないことを明確にして 友達ではないことを明確にします。年齢を偽って、実際は大人なのに子供のふりをしている人がいることを子供たちに伝える。 実際には大人なのに、子供のふりをするために年齢を偽る人がいることを子供たちに伝えましょう。子供たちは以下のことを確認してください。 名前、住所、電話番号、学校名、友達の名前などの個人情報を絶対に公開しないことを確認する。 名前、住所、電話番号、学校名、友達の名前などの個人情報を教えてはいけないことを確認しましょう。これらの情報の一部を知っていると これらの情報を知っていると、ネット上の略奪者が現実に息子を見つけるのに役立ちます。お子さんは、どのような状況であっても、本人の許可なく誰かと 本人の許可なく、いかなる状況下でも誰かと会ってはいけません。会う約束をした場合は 会うことを約束した場合は、必ず一緒に行き、公共の場所に行くようにしましょう。

プライバシーとその重要性を教える

インターネットには良い面もあれば、悪い面もあります。 悪い面もあります。残念ながら、子どもたちはほとんどがインターネットの悪い面に惹かれてしまいます。 後でその結果に対処しなければなりません。子どもたちに また、プライバシーの重要性を教えてあげてください。子どもの は、一度他人と共有したコンテンツは完全には削除できないことを知っておく必要があります。 不適切な画像が含まれているテキストメッセージなど、一度共有した内容は完全には削除できないことを認識してください。 不適切な画像が含まれているメールも含まれます。また、プライバシー設定を知らなかったり、使わなかったりする場合もあります。 また、性犯罪者は、ソーシャルネットワーク、チャットルーム、電子メール、オンラインゲームなどを利用していることを認識してください。 性犯罪者は、ソーシャルネットワーク、チャットルーム、電子メール、オンラインゲームなどを利用してコミュニケーションを図り、彼らを利用していることを認識してください。

パスワードを知る

お子さんがソーシャルアカウントを持ちたがっている場合は、お子さんの行動を見守るために、あなたのメールアドレスを使ってアカウントを作成してください。ソーシャルメディアのアカウントを作成する際には、下のお子さんの名前を使わないようにしましょう。パスワードは忘れないようにしましょう。ただし、アカウントの年齢制限は守りましょう。18歳以上でないと登録できないサイトでは、お子さんが登録を待つ必要があるかもしれません。お子さんには、あなたがアカウントを常にチェックすることを伝え、間違った行動をしないようにしましょう。 子どもの携帯電話を盗み見る あなたが知らないうちに、彼らの自信を変えてしまうことがあります。

子どもの行動の変化を観察する

があります。 インターネットは子どもの行動に直接影響を与えます。インターネットを使いすぎると インターネットを使いすぎると、子どもは攻撃的になったり、怒ったり、わがままになったり、せっかちになったりします。お子さんの行動が秘密主義になっていたら お子さんの行動が秘密主義になっているとしたら、誰かが間違った意味でターゲットにしている可能性があります。 狙われている可能性があります。手遅れになる前に、すぐに行動を起こすべきです。留意点 子供の気分や行動に注意を払い、何かおかしなことがあれば子供に聞いてみましょう。 と聞いてみましょう。

お子さまの閲覧履歴の確認

親として 親としての仕事は、子どもを守り、不適切なコンテンツを制限し、子どもがそれに従うようにすることです。 子供たちがそれを守るようにすることです。では、それを実行してください。ペアレンタルコントロール機能を探して に相談して、不適切なコンテンツや性的なコンテンツを永久にブロックしてもらいましょう。 お子さんのウェブ・ブラウザを開き、「履歴」を検索して、お子さんが閲覧したウェブサイトの一覧を見る。 閲覧したウェブサイトの一覧を見ることができます。削除されたファイルの確認も忘れずに。子供のブラウザをチェックする習慣をつける。 お子さまのブラウザの履歴を確認する習慣をつけましょう。すべてのデバイスで行うことができます。 携帯電話、パソコン、iPadのすべてで確認できます。万が一、履歴が削除されていたら、お子さんに聞いてみましょう。 子供に

オンラインでの責任ある誠実な行動の模範となる

子どもたち 親の姿を見て物事を学び、取り入れます。親は、オンラインでの責任感のある正直な行動を 模範となるべきです。 そのために、デバイスを使用する際には、オンラインでの良い実践例を試してみてください。 Facebookに投稿する内容、特にお子さんやその友達の写真については、よく考えてください。 特に、お子さんやその友達の写真については、よく考えてください。お子さんの写真をアップロードする前に、次のことを考えてください。 子どもの写真をアップロードする前に、子どもがその写真を共有することに抵抗がないかどうかを考えてみてください。

検索エンジンには制限が必要

検索エンジンで子供が検索できる、できないコンテンツの種類に制限を 検索エンジンで検索できるコンテンツの種類を制限する。そのような機能を提供している検索エンジンのみを使用する そのような機能を提供している検索エンジンのみを使用してください。Googleの検索設定でセーフサーチを有効にしてください。 セーフサーチを有効にします。これにより、検索中に表示される可能性のある最も露骨なコンテンツがブロックされます。 します。望ましくない場所に直接行くのを防ぐことはできませんが、誤って何かにアクセスするのを防ぐことができます。 望ましくない場所に直接行くのを防ぐことはできませんが、誤って何かにアクセスしてしまうのを防ぐことができます。

WiFiアクセスを制限すべき

ストーカーやいじめはインターネットではよくあることです。 子供たちを守るためには、WiFiやデジタル機器へのアクセスや使用を制限する必要があります。 デジタル機器の使用を制限する必要があります。お子さんが公共のWiFiネットワークを使ってインターネットにアクセスしている場合は 公共のWiFiネットワークを使ってインターネットにアクセスしている場合、セキュリティ機能が有効になっていない可能性があります。一部のサービス サービスプロバイダーの中には、不適切なコンテンツをブロックするフィルターを備えた、おなじみのWiFiスキームに参加しているところもあります。 不適切なコンテンツ

自分を育てる

ほとんどの親は、子供たちが最新のインターネット技術に 最新のインターネット技術に関しては、ほとんどの親が子供に遅れをとっています。今日の子供たちは、ソーシャルメディアでたくさんの選択肢を持っています。 映画をダウンロードしたり、オンラインで知らない人とチャットしたり、自分の情報を投稿して他の人に見てもらったり。 自分の情報を投稿して他の人が見られるようにしたり、良くも悪くも最新の情報を求めてネットサーフィンしたりと、様々な選択肢があります。 良いことも悪いことも含めて、最近の情報を探しています。親としては、何が利用できるのか、システムがどのように機能するのかを知っておく必要があります。 システムがどのように機能するのかを知る必要があります。

ペアレンタルコントロールアプリ「TTSPY」の使用

TTSPYダッシュボード
TTSPYダッシュボード

不安で子どもに手を差し伸べられない場合には スパイアプリの使用 が最適なソリューションです。TTSPYは、子供に知られずにスパイ活動ができる最高のアプリのひとつです。メッセージから通話ログまで、手遅れになる前に子供を守るために必要なすべての情報を得ることができます。

子どもたち メディアを使って失敗することもあるでしょう。その失敗を理解し、失敗から学ばせるようにしましょう。 してあげてください。ただし、過失の中には、メールの送信や メールを送ったり、いじめをしたり、画像を自爆したりといった過失は、将来の問題への警告となります。 将来の問題を引き起こす可能性があります。親は、子供の行動を注意深く監視し また、必要に応じて専門家やかかりつけの医師に相談してください。 医師に相談してください。インターネット上には、子どもたちにとって有益な情報がたくさんあります。 学習機会から楽しいビデオまで、また、教育のための研究から家族や友人とのコミュニケーションまで ご家族やお友達とのコミュニケーションにも役立ちます。

トップへスクロール